FC2ブログ

モンスとツバメ2

双眼鏡買いました

最近、双眼鏡を買いました。

色々と検討して、メーカーは…

131218双眼鏡1

Kowa に決めました。

私も思わず店員さんに確認してしまったのですが、
Kowa って、そう、薬のテレビCMを流している Kowa です。

薬の研究をする上で顕微鏡とか、その手の器具を使用するじゃないですか。
その流れからそういった技術も持っていて双眼鏡も作っていると店員さんに教えてもらいました。

なるほど。


この双眼鏡に決めた理由はいろいろあるのですが
まず…

131218双眼鏡2

双眼鏡の折り曲がる角度が幅広いので、ユーティーのような子供にもフィットすること。
やっぱりユーティーと私で兼用したいのでね。

次に、6倍と8倍があったのですが、6倍を選んだのは
「もし星を見るなら、あまり倍率が高いと手ぶれしますよ。」という店員さんの言葉。
確かに家で実際に使ってみると、遠くを見ればみるほど手ぶれしやすくなるのを実感しました。
なので、星を見た時のぶれ具合を経験して、6倍でよかったと思ってます。
6倍でも月の表面のデコボコがくっきり見えたしね。


さらに〝ひとみ径〟が 5mm あること。

ひとみ径って言葉、もちろん私も初めて聞いたのですが
双眼鏡をこうして光の方に向けた時に、レンズの中に現れる…

131218双眼鏡3

この光の丸の幅です。

どうやら、ひとみ径が人間の瞳孔の幅と近いと見やすいそうです。

具体的には人間の瞳孔は完全に開くと7mm。暗いところで物を見る時は5mm。明るいところだと、もう少し小さくなる。
そんな具合だそうです。

私は星も見たいと言ったので、それならひとみ径は最低5mmはあったほうがいいとアドバイスされました。

ちなみに、このひとみ径、双眼鏡のスペックで必ず表記されている
6×30とか、8×30という、(倍率)×(対物レンズ有効径)という数字から簡単に計算できます。

ひとみ径 = (対物レンズ有効径)÷(倍率)です。

私が買ったこの双眼鏡には2つのスペックがあるので、それぞれ、ひとみ径は
6倍だと、30÷6=5mm
8倍だと、30÷8=3.75mm
となるわけです。

6倍だと5mmなので、手ぶれ以外に6倍にしたもう一つの理由がこれです。


さらに、この双眼鏡、軽いんです。
470gです。
あまり重いと、結果的に持って行かなくなりそうでしたから、そこもしっかり考えました。


以上、
・ユーティーも使える。
・よく見える。
・暗いところでも大丈夫。
・軽い。

と来て、最後の決め手は値段です。

一応、色々と調べてからお店に行ったのですが、出費は2万くらいは覚悟してました。

それが、店員さんのわかりやすい説明を受け、もちろん実際にのぞいてみてよく見えることを実感した上で
最後の最後に、これいくらですか?と聞くと、

「8000円です」

と。そんな答えが返っていたので、そりゃ、もう、即決でした。


この双眼鏡に活躍してもらう日が少しずつ近づいてます。

ドキドキ。ワクワク。










関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/12/18(水) 08:37:50|
  2. Shopping
  3. | コメント:0
<<サプライズプレゼントに感激 | ホーム | 庭のちっちゃい紅葉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する