FC2ブログ

モンスとツバメ2

マクロレンズで星を撮る

今日の記事は自分のメモみたいなもんです。


ここ最近、何かにとりつかれたように
とにかくラブジョイ彗星の尾を撮りたい!と思ってる私。

自分の持ってる機材で試行錯誤を繰り返しましたが、どうもうまく行かない…。

こりゃ、明るい望遠レンズがないと(買わないと)無理なんや…という結論に至りかけてましたが
もう一つ可能性があることがわかりました。


それは、マクロレンズで撮影すること。

私の持ってるマクロレンズは F2.8 と明るさは問題なし。
あとは60mmの単焦点でどこまで写るか…です。


もう昨日の昼、いや朝から実験するのが楽しみで、楽しみで
先ほど4時に起きてトライしました。


意気込んでバルコニーに出たものの、今朝は最悪のコンディション。
空がほとんど雲におおわれてました。

赤道儀をセットしようにも、北極星も隠れてて極軸を合わせられません。

普通なら、あの空を見たら、即あきらめて寝ます。
でも、今朝はとにかくこのマクロレンズで星を撮ってみたかったので
粘ることを決めました。


そして30分ほど過ぎた頃、北西の空の一角が晴れました。

最初のチャンスとばかりにカメラを向け、シャッターを切りました。

ラブジョイ彗星を狙う、ISO 3200 20秒露出という設定です。


すると…

131208光害1

なんということでしょう!カペラを中心に、アホほど星が写ったじゃありませんか!!!(ビフォーアフター風)


小さーーーーな星までこんなに写ってくれたら、ラブジョイの尾は絶対写る!
とテンションが上がり、雲が晴れるのをじっと待ちました。

じっと、じっと、ただ、ただ空を眺めて、結局1時間30分近く待ちました。


そして5時20分すぎ、ついにラブジョイが見える北東の空も晴れたんです!

なんて勝負強いんや〜と思いながら
つ、つ、ついにラブジョイの尾を写せる!と何度も、何度も、シャッターを切りました。

その写真がこちら…

131208光害2

ダメでした…(涙)。(ラブジョイ自体は写ってますが、尾は写ってません。)


上の2枚の写真は、どちらも ISO 3200 20秒露出で設定は全く同じです。

でも、写ってる星の数がぜーーーーーーーーーーんぜんちがう!!!

細かい部分が全く写ってないんです。


なんでや???


考えました。


おそらく原因は光害じゃないかと。

西側は山ですが、東は街の明かりがいっぱいなんです。

だから、同じ露出時間だと東の空のほうが、だいぶ白く写ります。


結論。

・家からだと、東の空の細かい写真は撮れない。

・ホンマに東の空が撮りたい時は、東の空が暗い場所まで出かけるしかない。

・マクロレンズは星の撮影にも十分使える。

・今度のふたご座流星群は、西の空を狙おう。


うまくいかなくても、トライすることでいろんなことがわかってきました。

それは次に生きるもんね。きっと。






関連記事
スポンサーサイト



  1. 2013/12/08(日) 07:38:02|
  2. Nature
  3. | コメント:0
<<星雲の撮影に成功 | ホーム | 6年連続でスマイソン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する